2014年7月16日

平安神宮参道に実物大イングラムがそびえ立つ! 京まふ2014

 マンガ・アニメの見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(略称「京まふ」・9月20、21日開催)の出展作品と出展者の一部が発表されました。

「京まふ2013」の様子

more…

記事を読む

2014年7月15日

神戸出身 佐々木マキさんの世界展 19日から徳島

 「やっぱりおおかみ」など、ナンセンス絵本で知られる神戸市長田区出身の漫画家・絵本作家の佐々木マキさん(67)による個展「佐々木マキ見本帖(みほんちょう)」が7月19日~8月31日、徳島県那賀町(なかちょう)横石の相生森林美術館で開かれる。絵本や漫画の原画、イラスト、版画など約150点を展観。シュールで不思議な独特の世界を紹介する。

more…

記事を読む

2014年7月14日

今夏公開「るろうに剣心」も掲載 姫路ロケ地マップ

 ロケ地を巡る姫路観光はいかが―。姫路での撮影誘致を進める「姫路フィルムコミッション(FC)」は、市内の映画やドラマのロケ地を紹介する「ひめじロケ地マップ」の第5版を発行した。今回は、大河ドラマ「軍師官兵衛」など、約30作品の“舞台”を収録している。

内容を刷新した「ひめじロケ地マップ」=姫路市本町、姫路フィルムコミッション

more…

記事を読む

2014年7月14日

海洋堂のフィギュアで再現 恐竜ジオラマ展始まる 丹波市

精巧な模型で再現された恐竜の世界を楽しむ家族連れ=丹波竜化石工房ちーたんの館

精巧な模型で再現された恐竜の世界を楽しむ家族連れ=丹波竜化石工房ちーたんの館

 世界的な模型メーカー「海洋堂」(大阪府門真市)による多彩な恐竜フィギュアを集めた夏休み特別展「海洋堂恐竜ジオラマワールド」が、兵庫県丹波市山南町谷川の丹波竜化石工房ちーたんの館で始まった。

 同社が恐竜に特化したフィギュア展を開くのは初めてという。28点あるジオラマは、箱形ケースの中に恐竜の世界を精巧に再現したもので、日没前や朝日が差し込む森、大海原など場面設定もさまざま。うち13点は「古生物博物館」と題し、展示室で飼育された恐竜を人間が見学しているというユニークな場面に仕立てている。

 獲物を狙うティラノサウルス、水浴するパラサウロロフスなど、今にも動き出しそうな模型ばかりで、熱心に観察する子どもたちに交じり、大人たちも思わず引き込まれていた。

 8月31日までの午前10時~午後5時。大人200円、小中学生100円。

丹波竜化石工房ちーたんの館
 TEL 0795・77・1887

記事を読む

2014年7月13日

「見せてもらおうか、そのロボットの性能とやらを」 姫路でロボットコンテスト

 2足歩行ロボットの技術や性能を競う「姫路ロボ・チャレンジ第18回大会」が7月12日、兵庫県姫路市青山の姫路科学館で開幕した。

ステージで白熱した戦いを展開するロボット=姫路科学館

more…

記事を読む

2014年7月13日

「全ての体験が作品に」 松本零士さん講演 画業60年振り返る

 「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」などで知られる漫画家松本零士さん(76)の秘蔵コレクション展(神戸新聞社など主催)が7月12日、兵庫県丹波市氷上町の植野記念美術館で始まった。初日は松本さんが講演し、60周年を迎えた画業をユーモアたっぷりに振り返った。

多彩なエピソードとともに画業60年を振り返った松本零士さん

more…

記事を読む

2014年7月12日

還暦ゴジラ進撃! 芦屋在住、大森一樹監督が語るゴジラの魅力

映画監督大森氏「人気、世相を反映」

 地球最大の破壊者にして守護神。水爆実験によって誕生したゴジラは今年、生誕60年を迎える。25日からは米国・ハリウッド版の映画が封切られるほか、芦屋市をはじめ東京、大阪で企画展が開催される。「還暦」を迎えた大怪獣に再び脚光が当たっている。



more…

記事を読む

2014年7月10日

漫画家・しりあがり寿さん 公開授業 「自由な発想持って」 神戸芸工大

自らの歩み語る

 「地球防衛家のヒトビト」「あの日からのマンガ」などで知られる漫画家しりあがり寿さん(56)が7月9日、神戸芸術工科大学(神戸市西区)で公開授業を行った。学生ら約200人を前に、作品に込めた思いを話し「自由な発想で未来を切り開いて」と呼び掛けた。

自らの歩みを語るしりあがり寿さん=神戸芸術工科大学

自らの歩みを語るしりあがり寿さん=神戸芸術工科大学

more…

記事を読む

2014年7月9日

手塚治虫さんと「不思議な縁」も 松本零士さん明石時代を語る

 明石で過ごした幼少期 豊かな自然が感性育む

 「宇宙海賊キャプテンハーロック」などで海外でも有名な漫画家松本零士さん(76)。昨年迎えたデビュー60年を記念し、7月12日から丹波市立植野記念美術館(同市氷上町西中)で始まる「松本零士 秘蔵コレクション展」(神戸新聞社など主催)を前に、漫画やアニメへの情熱、幼少期を過ごした明石の思い出などを聞いた。

「『宇宙戦艦ヤマト』の沖田十三艦長は、父がモデル」と語る松本零士さん=東京都練馬区

more…

記事を読む

2014年7月9日

大河でお馴染み小寺家末裔、ご当地アイドルに 宍粟

 動画7本を公開中

 インターネットの動画サイトなどで宍粟をPRする“非公式”ご当地アイドルがこのほど誕生した。戦国武将黒田官兵衛の合子形兜(ごうすなりかぶと)をイメージした赤いおわんを頭にかぶり、その名は「くーみん」。ふんする小寺邦実(くみ)さん(26)=宍粟市=は、官兵衛が仕えた姫路・御着城主の小寺氏の末裔(まつえい)といい、「宍粟の名を全国に広めたい」と意気込む。

宍粟の“非公式”ご当地アイドル「くーみん」

more…

記事を読む