2014年9月27日

浦沢直樹さん×手塚真さん 11月にトークショー 宝塚

 宝塚市立手塚治虫記念館は開館20周年を記念し、人気漫画家浦沢直樹さんと名誉館長手塚真さんのトークショーを11月16日に宝塚ホテルで開催する。宝塚での2人のトークは初めて。

 浦沢さんは、「鉄腕アトム」の中でも傑作とされる「地上最大のロボット」を、手塚真さんの監修でリメークした「PLUTO―プルートゥ」を2003年から連載。高い評価を受け、05年に第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受けた。

 トークショーの題名は「手塚治虫 天才の息子たち」。浦沢さんは「作品づくりの上では、自分も手塚さんの息子だという気持ちがある」と話しているといい、長男の真さんと手塚漫画の色あせない魅力や影響の大きさについて語る。会場との質疑応答も予定している。午後1~3時。無料。

【申込方法】
往復はがきに
・住所
・名前
・電話番号
・年齢
・同伴者(1人まで)の名前と年齢
を書いて、
手塚治虫記念館(〒665‐0844 宝塚市武庫川町7の65)へ申し込む。

10月20日必着。定員300人。応募多数の場合は抽選。

【問い合わせ先】
手塚治虫記念館TEL0797・81・2970

手塚治虫記念館ホームページ
開館20周年記念トークショー 浦沢直樹×手塚眞「手塚治虫 天才の息子たち」

記事を読む

2014年9月26日

「尻子玉引っこ抜くぞ~」 働きすぎ? 河童早々とリニューアル

 よりリアルに、より怖く―。福崎町西田原、辻川山公園のため池で人気を集める機械仕掛けの河童(かっぱ)がリニューアルされた。9月26日から一般公開される。同町の担当者によると、河童は生まれ変わった姿で人を驚かせようと、わくわくしながら池で待っているという。

YouTube Preview Image more…

記事を読む

2014年9月18日

「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル3rd」 9月27日、28日開催

まち中まるごとポプカルイベント「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル3rd」が9月27日、28日、神戸・新長田で開かれます。観覧無料。

主催者が本日18日に、記者発表しましたので、概要をお知らせします。詳細は後日、ご紹介します。

more…

記事を読む

2014年9月10日

土居豊、門戸厄神でハルヒを語る 9月20日

「涼宮ハルヒの憂鬱」の作品舞台でもある西宮市で、
またひとつ新しいハルヒイベントが開催されます。

more…

記事を読む

2014年9月5日

コウベリーズ 変わらぬ「神戸愛」

 神戸を拠点にする“ご当地”アイドルグループ「コウベリーズ」が東京の芸能事務所と契約し、この夏から活動エリアを全国に広げている。契約後初のシングル「シリウスの彼方(かなた)」を8月に発売。キャプテンの芽衣(19)は「メンバーのソロが増え、せりふも入る曲。たくさんの人に聴いてほしい」と話している。

コウベリーズの(左から)菜那、郁恵、あやね、芽衣、優里、香奈=神戸市中央区

more…

記事を読む

2014年9月3日

神戸・三宮のど真ん中が“いまもえストリート”に変身

三宮駅南、フラワーロードに面する神戸国際会館から元町商店街入り口までの東西を結ぶ「三宮中央通り」。沿道には、ホテルケーニヒスクローネやパティスリートゥーストゥース本店など、神戸を代表するスイーツブランドのおしゃれな建物が並ぶ “神戸らしさ”を味わえる通りです。

そんなおしゃれな通りに9月1日から見慣れないものが出現しました。なんと「いまいち萌えない娘」のフラッグがはためいているのです。

more…

記事を読む

2014年9月2日

宮城・仙台アニメーショングランプリ 2015 募集開始

「宮城・仙台アニメーショングランプリ」が今年も開催され、
オリジナルアニメーションの募集が始まっています。

more…

記事を読む

2014年9月2日

ラジもえちゃんCDデビュー 300枚達成したらライブ

ラジオ関西で毎週日曜放送中の「いまいち萌えないラジオ」。
パーソナリティーを務めるラジもえちゃんとケーちゃんの2人が
9月27日に、CDをリリースすることになりました。
ラジもえちゃん、ついにCDデビューです。

more…

記事を読む

2014年9月1日

官兵衛ゆかりのご当地アイドル 3組共演&ライブ! 姫路

 戦国武将、黒田官兵衛ゆかりのご当地アイドルが共演する「葉月の舞 黒田官兵衛アイドルin姫路」が8月31日、姫路城南の家老屋敷跡公園(姫路市本町)にある「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」前で開かれた。姫路の「KRD8(ケーアールディーエイト)」など3組が、ライブやクイズで会場を盛り上げた。

ご当地アイドル3グループが共演したイベント=姫路市本町

 姫路商工会議所青年部が初めて企画。KRD8と同じく、NHK大河ドラマの放映に合わせて結成された福岡市の「ふくおか官兵衛ガールズ」と、滋賀県長浜市の「can’ce(キャンセ)浜姫」に呼びかけて実現した。

 3グループはそれぞれオリジナル曲を披露。息の合った歌とダンスでファンたちを沸かせた。その後、歴史をテーマにしたクイズのほか、地元の観光地やグルメなどの「自慢対決」で競い合い、官兵衛をPRした。

 姫路城を観光した後に立ち寄ったという大阪府の会社役員の男性は「3組とも衣装や歌に個性があって楽しかった」と話していた。

★KRD8 OFFICIALサイトTwitter
★ふくおか官兵衛Girls ブログTwitter
★Can’ce浜姫 OFFICIALサイトTwitter

記事を読む

2014年9月1日

素麺擬人化 美少女キャラに 「私が素麺をPR」 姫路・カネス製麺

 「萌え」キャラで海外専用製品 秋に商品化

 初めまして、播磨萌夏(もえか)です-。素麺(そうめん)製造のカネス製麺(たつの市新宮町井野原)が、素麺を擬人化した美少女キャラクターを打ち出した新商品開発を進めている。欧州やアジアで日本アニメや和食の人気が高まっていることから、海外専用製品として企画。二つの日本文化を融合させ、世界に発信する。

カネス製麺の美少女キャラクター「播磨萌夏」(同社提供)

 同社は1907(明治40)年創業。売上高は約25億円。これまでも「ハローキティ」とのコラボ商品や阪神タイガースのロゴマークをあしらった素麺など、ユニークな商品を世に出してきた。


「海外にアニメ文化と素麺の発信を」と語る大谷社長=たつの市新宮町井野原

 国内の市場縮小と海外での和食ブームを受け、2010年ごろから輸出を開始。展示会や日系スーパーに出品し、今やキティ商品売り上げの8割は海外が占める。  同社の取り組みを知る印刷機製造のヤカグループ(姫路市白浜町)から昨夏、「素麺の『萌え』キャラを作りませんか」と提案された。「海外で通用するかもしれないと思い乗った」と、大谷聖社長。全国のイラストレーターに募り、26人から選んだ。

 決め手は、素麺のように細く長い髪やさわやかな白い浴衣、髪をまとめる束テープなど。親しみを持ってもらえるように「播磨萌夏」と命名し、年齢や性格なども設定した。

 うどんやそばの包装にも採用し、4種類を秋にも商品化。海外に売り込む。大谷社長は「『萌え』キャラの力を借りて、海外に素麺を広めたい」と意気込んでいる。

カネス製麺株式会社

記事を読む

いまいち萌えない娘

twitter

記事バックナンバー