お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2015年7月16日

海洋堂フィギュアが淡路島に大集合 18日から

Share on Facebook

 ケンシロウや綾波レイ、ゴジラ…。世代を超えた人気者が淡路島に集結する。フィギュアメーカーとして国内外で高く評価されている「海洋堂」(大阪府門真市)の作品を展示する特別イベントが18日から、淡路市の淡路夢舞台で開かれる。アニメのキャラクターや実寸大の恐竜などさまざまなフィギュアが並び、夏休み中の子どもたちの人気を集めそうだ。8月31日まで。

アニメ「北斗の拳」の主人公「ケンシロウ」の等身大フィギュア=海洋堂提供

 「海洋堂劇場 フィギュア×ジオラマの世界」(神戸新聞社など後援)。同施設を運営する県の第三セクター「夢舞台」が、海洋堂と提携して企画した。

 淡路夢舞台・展望テラス3階のイベント会場では、精巧な造形と彩色で表現された動物や昆虫、恐竜などのミニチュアフィギュア3千点超を展示。高さ約1メートルのゴジラや、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物「綾波レイ」の等身大フィギュアも。ほかに、生物の営みやアニメの名場面を周囲の環境を含めて表現したジオラマ約40点を設置する。

 イベント会場外の同施設各所でも、大型フィギュアが楽しめる。アニメ「北斗の拳」の主人公「ケンシロウ」の等身大フィギュアのほか、国際会議場では映画撮影に使われた全長6メートル超の実寸大トリケラトプスを展示。「ウェスティンホテル淡路」には、高さ2メートルのティラノサウルスの後ろ脚や恐竜をテーマにしたジオラマを置く。

 夢舞台の担当者は「精巧な作品を通じて、子どもたちに動植物に興味を持ってもらい、モノを作る楽しさも感じてもらいたい」としている。

 午前10時~午後6時。イベント会場の入場料は中学生以上300円、小学生以下無料。8月15日までの土日祝日には、ティラノサウルスのフィギュアの塗装体験ができる。参加費500円。

 今回は夢舞台と海洋堂による提携第1弾イベントで、10月にはエヴァンゲリオンの企画展も予定している。

 また関連行事として、コスプレイヤーが集まるイベント「COSPARA(コスパラ)」が、7月18~20日の午前10時~午後6時に同施設内などで開催される。

 夢舞台TEL0799・74・1000

「海洋堂劇場 フィギュア×ジオラマの世界」公式サイト

関連記事: