お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2015年10月28日

尼子騒兵衛さんら出展 「グリム童話」原画展

Share on Facebook

兵庫県立図書館、12月16日まで

 「立原えりかのグリム童話」の原画展が、明石市明石公園の兵庫県立図書館で開かれている。尼崎市出身で人気アニメ「忍たま乱太郎」の作者尼子騒兵衛さんなど、現代を代表する作家25人による絵が展示されている。12月16日まで。

現代を代表する作家によるグリム童話の原画展=兵庫県立図書館

 アートと本のコラボ企画「アートショカン!展」の一環で、尼子さんの事務所と連携して企画した。

 童話作家の立原さんの文章に合わせ、原画や複製画など計26作品を展示している。

 尼子さんのほか、杉浦範茂さん、黒井健さん、葉祥明さん、永田萠さん、長谷川義史さんらが参加。「白雪姫」「ブレーメンの音楽隊」などよく知られたグリム童話をそれぞれの世界観で描いた絵が、文とともに飾られている。

 12月5日午後1時半~4時には、ワークショップが開かれる。「忍たま乱太郎」に登場する先生のモデルとなった尼子さんの事務所マネジャー大木雅之助さんらが出演。三味線朗読講談「グリム童話」を聞き、自分だけの絵本原画を描く。無料、先着60人。画材は各自持参。

 月曜と第3木曜は休館。同館TEL078・918・3366

★兵庫県立図書館ホームページ http://www.library.pref.hyogo.jp/

関連記事: