お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2016年1月25日

小豆洗い、山の神、雪女…福崎町役場に妖怪大集合

Share on Facebook

全国妖怪造形コンテスト入賞作展示

 

 福崎町が昨年開いた「第2回全国妖怪造形コンテスト」の入賞作品が、同町役場(同町南田原)で展示されている。テーマは、同町出身の民俗学者柳田国男の著書に登場する妖怪「小豆洗い」「山の神」「雪女」の三つ。牙をむき出しにしたモンスターや白い髪をなびかせたかわいらしい人形まで、幅広い作風の20点が飾られている。

 

個性あふれる“妖怪たち”が並んだ展示場=福崎町役場

 同コンテストは2014年にスタート。一般とジュニア(中学生以下)の2部門があり、県内外から計161点の応募があった。一般の部の最優秀作品は強化プラスチック製の大型像にして、辻川山公園(同町西田原)に設置される。

 吹雪の中に現れた雪女を題材に、白く細い針金を使って躍動感やしなやかさを表現した作品などが並ぶ。小豆が洗えているかどうか、首をかしげて確かめるかわいいポーズの人形もあり、思わず笑みがこぼれる来場者も。同町は「毛並みや皮膚の質感など細部までこだわった良作が集まった」としている。

 午前8時半~午後5時15分。
福崎町地域振興課TEL0790・22・0560

   

第2回全国妖怪造形コンテスト

関連記事: