お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2016年2月4日

1日限定〝コスプレの温泉街〟参加者募集中 有馬温泉

Share on Facebook

 鬼を追い払うために芸妓(げいこ)や貴族の格好をして神戸・有馬温泉街を練り歩く伝統行事「有馬節分会」が7日午後1時半から開かれる。

昨年開かれた「有馬節分会」に参加したコスプレイヤーら=有馬商店会提供

長く途絶えていた有馬節分会は再開した際、若者にも親しんでもらおうと、コスプレを取り入れるなど現代風にアレンジ。主催する有馬温泉観光協会は「1日限定の〝コスプレの温泉街〟を見物して」とPRしている。

 節分会は、若い芸者がベテランの格好をしたり、男性が芸妓の格好をしたりして、普段と違う格好をすることで鬼をやり過ごす習俗で、「お化け」とも呼ばれる。昭和40年代に開催が止まったが、観光協会が中心となって2010年に復活した。

コスプレの参加を呼び掛ける有馬温泉のマスコットキャラ「マントルマン」(左)=北区有馬町

 アニメキャラクターなどの格好をしコスプレイヤーや芸妓や貴族の格好をした男女のほか、PRレディーの「有馬こゆな」や、ご当地ヒーロー「マントルマン」が加わる。

 当日は、午後1時半から金の湯前で音楽ユニット「奇譚(きたん)座」のライブがあり、練り歩きは午後2時半に同湯前をスタート。温泉寺に向かい、境内で祈とうした後、同湯前に戻って豆まきがある。

 節分会に出演するコスプレイヤーも募集中で、写真撮影などを楽しむ「有馬コスプレフェスタ」も同時開催する。  有馬温泉観光協会TEL078・904・0708

関連記事: