お知らせ/一覧

トップページ  > 聖地巡礼/一覧

2012年2月9日

『サードガール』聖地巡礼・三宮編

Share on Facebook

 

サードガール聖地巡礼マップ三宮編

「舞台は神戸」と作者の西村さんご自身が言われるとおり、『サードガール』には、市内各地が随所に出てきます。北野町のほかに印象的な聖地を訪ねて、今回は三宮周辺を北から南へ巡ろうと思います。

 

出発地点はJR三ノ宮駅の北側、【A】「三宮OPA前」です。「Part.45 フリー・スライド2」で立て続けに登場しました。

ポートライナーの駅やミント神戸に通じる、「JR三ノ宮駅」北側の歩道=神戸市中央区雲井通8丁目

プランタンはOPAに。広場にある3本柱の尖ったオブジェは健在

ボーイフレンドの大沢くんが京大に挑戦することを知り、応援したいけれど離れたくないという複雑な気持ちを抱える夜梨子と、それを励ます涼が佇んでいた場所は、駅ビルの南側、広場沿いにある渡り通路です。「オレはいつでも夜梨の味方さ そばにいるよ」という涼の台詞も、人通りの多い駅前なら、そんなにクサく感じないかもしれません。

 

 

渡り通路を歩いてJR三ノ宮駅と阪急三宮駅が直結する場所、【B】「阪急三宮東口」も重要です。

伝言板はなくなったが、作中の雰囲気は感じられる「阪急三宮駅」の東口=神戸市中央区加納町4丁目

通路の場面の前のシーン、伝言板を通して夜梨子の想いを知る大沢くん。見比べてみると柱の形がよく似ており、ここで間違いないでしょう。現在、伝言板はありませんが、携帯電話が珍しかった時代、重要なコミュニケーションツールでした。

 

 

続いてもPart.45から、松井くんと大沢くんがクリスマスプレゼントを買いに歩いた【C】「三宮センター街」です。

いつも人びとで賑わう「KOBE三宮センター街」=神戸市中央区三宮町1丁目

「モロゾフ・センター街ショップ店」から入り口を望む

作品のカットでは、「クリスマスのお買い物はセンタープラザで」と書かれた横断幕の横に、「・・・ゾフ」の看板が見えます。これはセンター街にある「モロゾフ」ではないでしょうか。乙女の心理学を語る松井くん(※1)に感心する大沢くん、二人はここで夜梨子とたのこへ、ペアのプレゼントを買っていきます。

 

フラワーロードを道なりに海側(南)へ、市役所を超えたところにある【D】「東遊園地」。北側の広い区画には、阪神・淡路大震災の「慰霊と復興のモニュメント」や「希望の灯り」などがあり、毎年12月には神戸ルミナリエの会場になります。一方、『サードガール』的な聖地は北側の広いほうではなく、南側の小さいほうの公園です。

作品では勢いよく噴水が上がっていた、「東遊園地」の南広場=神戸市中央区加納町6丁目

階段やベンチ上の屋根など、作中と変わらない様子

丸く大きな噴水を囲む段差、浜側には高速道路が見えるここは「Part.38 ア・リトル・オブ・ユー3」で、美也に浮気を勘違いされてムッとしながらぼーっとする涼を、夜梨子がからかい振り回した場所です。夜梨子のいう「平均的サラリーマンの悩み事」5類型(※2)は、今も変わりませんね。噴水横のビルが建て替わっていますが、二人が腰かけた階段や眺めていた風景も体験できます。

 

ここまで海側に来たんですから、もうちょっと足を伸ばして海の向こうの聖地も訪れてみましょう。噴水の公園より東に歩いて5分強、貿易センター駅からポートライナーに乗りこんで12分。ポートアイランド内の中埠頭駅に到着します。駅の西側にある「神戸ファッションタウン」に入っていくと、面白いものを見つけるはずです(【E】)。

「カタツムリの広場」に集まる、海を見にきたカタツムリたち=神戸市中央区港島中町7丁目

カタツムリです。しかも一つではありません、たくさんいます。「ファッションタウン」にカタツムリが似合っているかどうかは分かりませんが、ファンにとっては“聖なるカタツムリ”です。

黄ばんだ表面が経年を感じさせる、松井くんがもたれたカタツムリ

このカタツムリとこの角度を見てピンときたあなた、そう、松井くんがもたれたあのカタツムリです。「Part.36 ア・リトル・オブ・ユー1」でバトミントンに興じる夜梨子・大沢くんペアとたのこ・松井くんペア。作品では枠線内に西村さんが「ポーアイのカタツムリの広場です」「・・・とカタツムリの上の大沢は思った」とコメントを書いています。これらのオブジェは正式名称を『海を見にきたカタツムリ』といい、日本文化デザイン会議’83神戸の記念彫刻だということです。描かれた当時はもっとピカピカのカタツムリだったに違いありません。ただ残念ながら、海を見ることなく30年近く固まったままの姿には同情してしまいます。

 

 

以上、三宮の駅からポートアイランドまでの聖地を縦断しました。振り返ると全体的に夜梨子が関係するスポットが集中しており、“夜梨子ライン”とも呼べそうなルートとなりました。JR三ノ宮駅もしくは阪急三宮駅からスタートして、途中センター街でショッピングや食事を楽しみ、東遊園地やポートアイランドまで散歩するのもいいですね。

次回は元町周辺の聖地を巡っていきます。涼と夜梨子が泊まったあのホテルの真相やいかに?

 

…………………………………………………………………………………………………………..

※1・・・松井くんによると「一緒はいやがるくせに ペアやセットは大好きなんだよな」とのこと
※2・・・夜梨子によると「1:仕事上のトラブル、2:上司・部下とのトラブル、3:家庭内不和、4:健康がすぐれない、5:その他」とのこと

 

 

 

関連記事: