お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2012年2月27日

熱い思い、東北へ届け! 神戸からアニソン旋風

Share on Facebook

アニソンで神戸から元気を発信しようと「アニソンフェスタ2012」が2月 25日、神戸市東灘区向洋町中2、神戸ファッション美術館で開かれました。
「アニソンで神戸を元気にする会」(通称・アニこべ)の主催で、テレビアニメ 『キン肉マン』の主題歌などで知られる歌手串田アキラさんのライブや、昨年 の東日本大震災を踏まえた防災学習などが行われました。

参加人数は200人を超え神戸、大阪のほか、中には埼玉から来た人までいまし た。

イベントは、阪神・淡路大震災と東日本大震災で犠牲となられた方々へ黙祷した後、代表の大月みゆきさんによる開会宣言からスタート。

代表の大月みゆきさんによる開会宣言

最初は頌栄短期大学のハンドベル演奏で、『楽しい鐘の音』やアニソンフェスタ らしく『となりのトトロ』などを披露。
14名のハンドベル奏者が奏でる心を包み込むような音色に酔いしれました。

次に女優の前田伊都子さんが、岩手県大槌町出身の詩人東梅洋子さんによる東日本大震災をつづった詩集『うねり』や、阪神・淡路大震災の神戸で生まれた「しあわせ運べるように (ふるさとバージョン)」を朗読。
会場に響きわたる一つひとつの言葉に、思わず涙ぐむ人もいました。

会場が大震災の被災地へ思いをはせると、ステージにスクリーンが降ろされ、 「宮城・仙台アニメーショングランプリ2011」のグランプリ作品、藤間さち おさんの『My Way Home』と、優秀賞作品、野中晶史さんの『CLIMBER』が上映されました。

また、この日は災害学習として「もしもイベント会場で被災したら?」という内容で、NPO法人「日本防災士会」兵庫県支部の田辺義博さんと専門学校アートカレッジ神戸の学生が寸劇を交え、災害に遭った際の心得などを解説してくれました。

もしもイベント会場で被災したら、あなたは大丈夫ですか?

続いて、神戸出身の現役女子高生シンガー井上ひかりさんが、『戦場のヴァルキ ュリア』のオープニング曲や挿入歌「BRIGHTEST MORNING」など計3曲を披露。

井上ひかりさんのショートライブ

会場が盛り上がったところで…

今回の目玉、串田アキラさんのライブが!
登場から大きな歓声が沸きあがり、『宇宙刑事シリーズ』や『太陽戦隊サンバル カン』からCMソングまで計20曲以上の歌で参加者の心をわしづかみに。

最初から盛り上がりは最高潮!

トー クでもキン肉マンのエンディング曲『肉・2×9・Rock’ Roll』の裏話まで飛び出 し、会場を沸かせました。

爆竜戦隊アバレンジャーのエンディグ曲『We are the One~僕らはひとつ~』 や、トリコのオープニング曲『ガツガツ!!』では子ども達も大盛り上がり!

世代の超えた人気に圧倒されてしまいました。

会場全体がヒートアップ!

アンコールの『キン肉マン Go Fight!』では串田さんが観客席へ降り、握手を求 めるお客さんも。

観客が1つとなり、会場全体がヒートアップしました。

「顔をみて歌うのが好き」その言葉どうり観客席へ降りる串田さん

イベント後には、ファッション美術館前のサン広場でCD購入者限定のサイン会を開催。握手や2ショット撮影も出来るとあって、終了後も多くのお客さんが列を作っていました。

サイン会に長蛇の列

同広場では、カンバス一面に描かれたひまわりに、復興応援メッセージを書く「ひまわりプロジェクト」も行われていました。

メッセージは「宮城・仙台アニメーショングランプリ2012」の表彰式に展示されるということで、「一緒に頑張ろう」や「これからも共にがんばりましょう!!」など、震災を体験した神戸らしい言葉が多く書かれていました。

ひまわりに書かれた熱いメッセージ

今回はCOSPARAがコラボしていることから会場にレイヤーさんの姿も見られ、「この後ひまわりに書きに行ってきます」「支援事業がコスプレやアニソンで出来るのであれば」と話ていました。

うたの☆プリンスさまっ♪:一十木音也(CN:楪)七海春歌(CN:篁 梔蔭)

天元突破グレンラガン:シモン(CN:N)ニア(CN:SORA)

 

阪神・淡路大震災から17年、懸命に歩んできた神戸だから分かる熱い思いが、 アニソンにのって東日本大震災の被災地に届くことを願っています。

関連記事:


いまいち萌えない娘

twitter

記事バックナンバー