お知らせ/一覧

トップページ  > 聖地巡礼/一覧

2012年3月14日

アンヌ隊員、西へ―「ウルトラセブン神戸ロケ地巡礼ツアー&トークショー」レポート

Share on Facebook

45年前のロケ現場へタイムスリップ─。「ひし美ゆり子さん、満田かずほ監督と行く-神戸ロケ地巡礼ツアー」(主催=神戸新聞社、灘百選の会)が3月8日、神戸市内で開かれました。ウルトラセブン『ウルトラ警備隊西へ』(14話、15話)を巡るバスツアーとトークショーの豪華2部構成で、ツアーには地元・神戸のほか東京、愛知を含む21人が、トークショーには新潟、山口を含む約100人が参加しました。

 

ダン隊員が双眼鏡を覗いたポートタワーの展望台で写真に収まる満田かずほ監督とひし美ゆり子さん=神戸市中央区

 

この日、ツアー参加者は神戸新聞本社に集合。バスに乗り込み、ダン隊員の撮影シーンが撮られた神戸ポートタワーへ。平日のイベントに来る強者とあって、特注のウルトラ警備隊の衣装に身を包む人もちらほらいらっしゃいました。しばらくして、マスコミ対応を終えた2人が展望台から降りてきたところを、拍手でお出迎え。「どーも」と声をかけるひし美さんの声で、参加者たちのテンションも一気に高まります。

「私は晴れ女だから大丈夫!」とひし美さんが断言していた通り、前日まで降っていた雨もすっかりあがり、一路、数々のシーンが撮られた摩耶埠頭へ。

 

今回、特別な許可をもらい立ち入った摩耶埠頭。夕日をバックに、ドロシー・アンダーソン扮するペダン星人とダン隊員が「宇宙人同士の約束」を交わしたシーンや、ウルトラセブンにより羽交い絞めにされたキングジョーに向け、ウルトラ警備隊が「ライトンR30爆弾」を放った場所を歩きました。

バスの中でも、満田監督とひし美さんがツアーガイドの説明を聞きながら、当時の思い出を語るなど終始、和やかな雰囲気でした。

 

旧六甲ハウス跡地で当時のシーンを再現するひし美さん。通信機は参加者が持参したもの=神戸市灘区篠原北町

この日、真っ赤なロングコートに黒っぽいブーツを召されていたひし美さん。異人館風の建物前で撮られた「異常ありません」のシーンを意識して着てこられたんですね。サングラス風の眼鏡と通信機を身に着けて「こちらアンヌ、異常ありません!」と言うと、参加者から歓声があがりました。

続いて、ポインターが疾走した新六甲大橋や「シークレットハイウェイ・ルート9」の入り口、こと六甲山トンネルなど、約2時間半で神戸港から六甲山までのロケ地を回りました。

 

ロケ当時の思い出を語るひし美さんと満田監督=神戸市灘区岩屋中町、BBプラザ

巡礼後のトークショーで満田監督は、撮影現場の空気について語ってくれました。ウルトラマンのような作品では、実写パートと特撮パートに大きく分かれています。「ずっと一緒の(特撮監督の)人と組んでいたので、後半になると、阿吽の呼吸で作っていきました。きっと相手はこういうシーンが欲しいだろうなと、お互いに考えながら撮るんです」と満田監督。ひし美さんは、ドロシー・アンダーソン役の留学生に日本語指導をした話や旅館でのエピソードを披露しました。

また、ロケの間、夜にはスタッフと一緒に神戸の繁華街に繰り出し、キリヤマ隊長と女子留学生がダンスを軽やかに踊ったことや、門限の厳しい旅館だったので、一つの部屋を飲み部屋にした話なども語ってくれました。

100人近い参加者を前に語る満田監督

進行役を務めた灘百選の会の慈憲一さんが「子どものころから、神戸港にはキングジョーが沈んでいると思いながら育ってきました」と話したところ、満田監督が「過去に、神戸港にキングジョーの残骸を沈めて探し出すという企画があった」「誰にも見つからないように沈めることができれば…」と予想外の展開に。司会者が「神戸市の新長田には鉄人28号がありますが、もし、巨大なウルトラセブン像を建てるとしたら?」と尋ねると、満田監督が「摩耶埠頭。できれば海の中がいい」、ひし美さんが「私も摩耶埠頭と思ってたの!」。慈さんが「神戸市役所の方、聞いてますか?」と応じると、会場から拍手が起こりました。

ひし美さんのサイン入り『万華鏡の女―女優ひし美ゆり子』を買い求める列(奥)とひし美さんと握手する参加者(手前)=神戸市灘区岩屋中町、BBプラザ

トークショー終了後、満田監督はトーク会場に残り、さらに参加者の質問に丁寧に応じてくれました。一方、ひし美さんは隣の会場に移り、ファンの求めに応じ、一緒に写真を撮ったりサインをするなどの交流を楽しまれていました。行列はなかなか途切れず、帽子やジャケット、ギターにも! 40代、50代の男たちが、緊張して手を震わせる姿に、アンヌ隊員への愛を感じられました。

 

当日の模様は、ひし美さんのブログ『あれから40年・・アンヌのひとりごと』にも取りあげられています。「もう一度否二度でも三度でもまた来たいな~」の言葉に、中年スタッフは再び気合が入っています。『ウルトラ警備隊西へ』の関西ロケ地は神戸のほか芦屋、大阪にもあるので、また行いたいですね。

ゲストのひし美ゆり子さんと満田かずほ監督、ガイドや進行役を務めていただいた慈憲一さん、そしてツアーやトークショーに参加していただいた皆様、誠にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひし美ゆり子さんのブログ『あれから40年・・アンヌのひとりごと』より
「ウルトラ警備隊西へ・・満田監督&アンヌ」
http://blog.goo.ne.jp/anneinfi/e/52cf871a0a10b44bd8e770c5e2c39cbc

慈憲一さんが運営する灘区グローカルサイト『ナダタマ』より
「其の188 「アンヌ隊員 灘へ」の巻」
http://www.nadatama.com/modules/wordpress8/index.php?p=201

参加されたイラストレーター綱本武雄のブログ『現在作業中。』より
「ウルトラセブンのロケ地ツアー」
http://tsunamoto.exblog.jp/17299235/

神戸新聞おでかけブログより
「当時の映像を思い浮かべながら 「ウルトラセブン」のロケ地を語る」 
http://www.www8.kobe-np.co.jp/blog/town-report/2012/03/post-274.html

 

 

関連記事:


いまいち萌えない娘

twitter

記事バックナンバー