お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2012年5月10日

明石の人気ヒーロー シゴセンジャーが隊員募集

Share on Facebook

 明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)の人気キャラクター「軌道星隊シゴセンジャー」が、新しい仲間を一般公募する。現在は2005年に登場したレッドとブルーが、悪役の「ブラック星博士」とともに科学館のイベントで活躍し、明石市内外で「子午線のまち・明石」をPR。募集するのはイエローとピンクで、オーディションを経て8月中旬のデビューを目指す。(中島摩子)

ゴールデンウイーク中の「わくわくフェスタ」で、記念撮影に応じるシゴセンジャーとブラック星博士=5月3日、明石市立天文科学館

ゴールデンウイーク中の「わくわくフェスタ」で、記念撮影に応じるシゴセンジャーとブラック星博士=5月3日、明石市立天文科学館

 「世界の平和を守る」を使命に、宇宙の時間を狂わそうとするブラック星博士と戦うシゴセンジャー。ゴールデンウイークや盆休みなどに同館のイベントに登場し、子ども向けのプラネタリウムで宇宙や子午線について解説したり、来館者と交流したりしている。

 08年に商標登録を済ませ、キーホルダーなどのグッズもある。県外のイベントにも“出演”して評判が広がり、年賀状まで届く人気者に。同館は「さらに親しんでもらえる存在になり、より一層、明石や子午線をPRしたい」と仲間を増やすことにした。

 ピンクとイエローは、年4回ほどの同館の特別行事にボランティアで出演予定。募集はそれぞれ1~2人で、性別、居住地は問わない。応募条件は、満18歳以上(今年4月1日現在)で、土・日曜、祝日に活動可能▽明石とシゴセンジャーをこよなく愛する▽ブルーとレッド、ブラック星博士の「正体」など秘密を守る‐の3点。レッドとブルーは「みんなの応募を待ってるぞ!」と呼び掛けている。

 2012年5月15日に受け付けを開始し、2012年6月16日締め切り。専用の応募用紙に写真を貼り、自己PRや作文などを書く。7月に一次面接と、実技の最終オーディションがある。任期は選考後の1年間。明石市立天文科学館TEL078・919・5000 (神戸新聞 2012/05/10 09:20)

関連記事: