お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2012年8月1日

「怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展」8月7~19日 モトコーにガラモン出没

Share on Facebook

兵庫県尼崎市出身のイラストレーター・開田(かいだ)裕治さん(59)の原画や複製画を展示する「怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展」が2012年8月7~19日、「モトコー」の愛称で親しまれる神戸市中央区の元町高架通商店街で開かれる。主催者は「45周年を迎えたウルトラマンら懐かしのヒーローと、レトロなモトコーの“競演”を楽しんで」としている。(黒田勝俊)

開田裕治さん

開田裕治さん

 

神戸市やテレビ大阪などでつくる関西アニメフェアプロジェクト実行委の主催。9月上旬に神戸で開く「アニメフェア関西2012」のプレイベントとして企画した。

 

開田さんは怪獣やウルトラマン、ロボットなどをテーマに描き、雑誌やポスター、展覧会などで幅広く活動している。

 

「―世界展」は、モトコー内のアートスペース「プラネットEartH(アース)」(神戸市中央区元町高架通3番)と近隣の空き店舗で開催。開田さんの複製画や原画約50点が並ぶほか、オリジナルグッズやサイン入り複製画の販売もある。

 

8月7日午後1時からは開田さんのトークショーも開催。7、11、12、18日の午後1、3、5時には、ウルトラシリーズに登場した「怪獣ガラモン」がモトコーの各所に出没するという。

 

入場無料。正午~午後7時(最終日は午後4時まで)。問い合わせはTEL050・3716・3540(8月6日以降)。

関連記事: