お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2012年12月22日

宮城からライバルロボ来襲 鉄人28号像前

Share on Facebook

鉄人28号のモニュメントがある若松公園(神戸市長田区若松町6)に23日、鉄人のライバルロボット「ブラックオックス」のバルーンアートがお目見えする。同園内で、二つのロボットが一日限りの“共演”を見せる。

「ブラックオックス」と制作した宮城県多賀城高校の生徒ら(KOBE鉄人PROJECT提供)

NPO法人「KOBE鉄人PROJECT」(同区)の主催。バルーンアートは宮城県多賀城高校の生徒が、東日本大震災からの復興への願いを込めて、9月にあった文化祭に合わせて制作。幅15メートル、高さ5メートルのビニール製で、鉄人モニュメントの存在を知った同校からぜひ“共演”を、との申し入れがあり、実現した。

当日は同校のほか、兵庫高校(同区)の生徒も参加して設営し、空気を入れる。展示は午前11時~午後4時。

このほか、会場では、願いを書いてもらった半紙を貼り合わせて、高さ2メートルのオブジェを作る催しもある。正午からは、クリスマスケーキのように3枚のお好み焼きを重ねて上にコテを飾り、先着200人に振る舞う。いずれも無料。

関連記事: