お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2012年12月24日

復興願いロボ2体共演 神戸長田・鉄人広場

Share on Facebook

神戸市長田区、JR新長田駅近くの鉄人広場に23日、鉄人28号の原作上のライバルロボット「ブラックオックス」が登場した。宮城県の多賀城高校の生徒が、原寸大の上半身のバルーンアートを制作。東日本大震災の被災地復興への願いを込め、2体のロボットが1日限りの共演を果たした。

 

鉄人28号のモニュメント前に登場した「ブラックオックス」のバルーンアート=23日、神戸市長田区(撮影・宮路博志)

同校で物理を学ぶ2年生14人が7月から約2カ月かけて作り、NPO法人「KOBE鉄人PROJECT」に鉄人28号との共演展示を持ち掛けた。

鉄人広場には同校の生徒3人が訪れ、兵庫県立兵庫高校の生徒5人も設置に協力。扇風機で内部に空気を送り、高さ5メートル、幅15メートルのビニール製のブラックオックスが出来上がった。訪れた人たちは歓声を上げ、記念撮影していた。

多賀城高校2年の末上寛人君(16)は「ロボットはライバル関係だけれど、東北と神戸は同じ震災の被災地として、復興への思いを共有していきたい」と話した。(斉藤正志)

■関連動画 http://www.imamoe.jp/?p=3640

関連記事: