お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2013年2月14日

アニソンで元気になろう「アニソンフェスタ2013」開催

Share on Facebook

神戸・六甲アイランド、専門学校アートカレッジ神戸で2月10日、「アニソンフェスタ2013」が開かれました。「アニソンで神戸を元気にする会(アニこべ)」の主催で今年で3回目となります。

昨年と同じくテーマは『1.17&3.11 鎮魂と防災と希望の集い』。集まったアニソン好きの方々の中には、阪神・淡路大震災を経験されている方もたくさんいらっしゃいました。辛いときに聞いたアニソンの歌詞とメロディは、子どもから大人まで、多くの人に勇気を与えました。

このアニソンフェスタのために、神戸・関西で活躍しているアニソン大好き、サブカルで活躍されているゲストが駆けつけ、盛り上げました。

ダンスボーカルユニット「D.D.R.W.」。エレメンタルジェレイドの「Forever…」、交響詩篇エウレカセブンの「Days」を熱唱

世界コスプレサミットの代表にもなったパフォーマンスグループ「CosPAfo」は手作りの衣装で会場を楽しませた

神戸を拠点に活動する女子4人組のボーカルユニット「you&me」は「おジャ魔女カーニバル!!」をキュートに歌った

デジモンアドベンチャー挿入歌「BRAVE HEART」で会場を盛り上げたMagumaさん

日本橋で活躍するLIVEアイドル「単体戦隊恋レンジャー」。会場ではハイテンションなオリジナル楽曲にあわせて一緒に踊る人も。

アニソン紅白ステージでは紅白歌合戦を模してアニソン対決! 白組は「アニこべ」お馴染みの常連男性陣シンガーたちが、紅組は声優を目指すアートカレッジの学生たちがコスプレをして登場し、思い思いの歌を熱唱しました。

人気ゲーム「薄桜鬼」のヒロインのコスプレでテーマソングを歌う杉本さん

けいおん!より「ふわふわタイム」。サイリウムで会場が沸いた 

特命戦隊ゴーバスターズを熱唱。斉藤淳さん

アニソン震災復興応援メドレーでは、津波の被害を受けた石ノ森漫画館(宮城県石巻市)の復興支援・リニューアルオープンを記念し、石ノ森章太郎作品のメドレーが歌われました。仮面ライダーやサイボーグ009、ロボコン、ゴレンジャーのテーマ曲などが、次々と披露されました。

メドレーの最後には、石ノ森漫画館のマスコットキャラクターであるシージェッター海斗のテーマソングがが歌われ、東北の復興の思いを歌に込めました。

スクリーンには歌詞のテロップが流れ、会場が一体となって石ノ森テーマソングを熱唱。

石ノ森漫画館のマスコットキャラクター「シージェッター海斗」のテーマを歌う出場者たち

 

会場では、東北に送られる神戸スイーツにメッセージを添えようと募集もしていました。

□ □

この日は最近のアニメから懐かしの特撮ソングまで、アニソンを思う存分満喫。その一方で、被災地への思いを決して忘れない、という思いがぎっしり詰まった「アニこべ」らしいイベントになったと思います。(ひろ)

 

関連記事:


いまいち萌えない娘

twitter

記事バックナンバー