お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2013年3月23日

『超・大河原邦男展 レジェンド・オブ・メカデザイン』3月23日開幕

Share on Facebook

『超・大河原邦男展 レジェンド・オブ・メカデザイン』が本日3月23日より、兵庫県立美術館で開幕です。

大河原邦男展が開催中の兵庫県立美術館

科学忍者隊ガッチャマンからはじまった大河原氏の伝説をあますことなく展示したこの展覧会。
総出展作品数は400点以上、初公開作品がほとんどの、まさに「超」大河原邦男展です。

エントランスにもロボットの手モデルが展示されていた

22日、開会式が開催され、テープカットが行われました。開会式には大河原氏がデザインした稲城のイメージキャラクター、稲城なしのすけも応援に駆けつけました。

エントランス、開幕を告げるテープカットが行われた

会場展示物は大河原氏の手書き設定書やカラー原画などがずらり。「科学忍者隊ガッチャマン」、「ヤッターマン」、「機動戦士ガンダム」などの代表作にはじまり、近年の作品や未実装メカのデザインまで、幅広く網羅しています。

展示品の中でもひときわ目立つのが鉄鋼アーティスト・倉田光吾郎氏作の、1/1スケールのスコープドッグ。全高約4Mの実物大モデルは、足元に立つとよりその大きさが実感できます。

「装甲騎兵ボトムズ」主役メカ、スコープドッグ1/1モデルと大河原氏ら

会場の音声ガイドはギレン・ザビの声優で御馴染みの銀河万丈さん。
要所でガンダムの名シーンを再現したナレーションが収録されたガイドは必聴です。

 

大河原邦男氏の描き下ろしイラストがパッケージの、会場限定のガンプラも販売しています。
成型色も氏の意向を基に再設定されています。
ガンプラ「超・大河原邦男展」バージョンは、この展覧会でしか手に入らない数量限定品です。

展覧会限定のガンプラ「MG1/100ガンダムVer.2.0 リアルタイプカラー 超・大河原邦男展Ver.」

神戸にこれだけの作品が集まるのはまたとない機会です。
ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。

関連記事:
「超・大河原邦男展」が神戸で開幕(いまもえ動画内)
ガンダム資料など400点 神戸で大河原邦男展
神戸でガンダムなど資料展開幕 開館前から500人

 

開催概要

「超・大河原邦男展 -レジェンド・オブ・メカデザイン-」

◆会期:2013年3月23日(土)~5月19日(日)

◆開館時間:午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館の30分前まで

◆休館日:月曜日
(ただし4月29日および5月6日は開館、4月30日(火)および5月7日(火)は休館)

◆閲覧料:
一般1300(1100)円、
大学生900(700)円、
高校生・65歳以上650(550)円、
中学生以下無料。
※カッコ内は前売りおよび20人以上の団体料金。

◆主催:
兵庫県立美術館、神戸新聞社、産経新聞社

・「超・大河原邦男展」最新情報
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1303/index.html

関連記事: