お知らせ/一覧

トップページ  > 聖地巡礼  > ウルトラマン/一覧

2013年12月30日

キングジョー追悼クルーズ(前編)アンヌ隊員から激励も

Share on Facebook

ウルトラセブンに登場するスーパーロボット、キングジョーの“沈没地点”を訪れる追悼クルーズが12月7日、神戸港で行われました。

 

神戸市灘区のクミン講座「灘大学」(事務局・灘区役所まちづくり課)の講座「ロケ地探訪神戸港クルーズ」として開催されたのですが、事前に申し込めば受講していない区外の市民も参加できました。

 

ツアーガイドは地元・灘を拠点に多方面で活躍されている慈憲一さん。慈さんは、いまもえ制作委員会と一緒にウルトラセブンのロケ地探しに協力していただいたほか、共同で『ひし美ゆり子さん(アンヌ隊員)、満田かずほ監督と行く-神戸ロケ地巡礼ツアー』を開催しましたので、ご存知の方も多いと思います。

 

 

さてキングジョーですが、ウルトラセブンの『ウルトラ警備隊西へ』(第14話、15話)に登場します。ぺダン星人が地球に送り込んだスーパーロボットという設定で、キングジョーという名前は放送の後につけられたそうです。神戸港の対決は2度あり、14話ではウルトラセブンをさんざん苦しめ、“セブン危うし”という場面で前編の14話が終了。続く15話では、人類が開発した「ライトンR30爆弾」を受けて神戸港に沈みます。

 

 

 

それでは、追悼ツアーを紹介していきましょう。この日は午前9時45分、阪神岩屋駅前に集合でした。約30人が参加することになりました。

 

 

 

クルーズのスタッフと、航路を確認しているところです。

 

 

 

HAT神戸の臨時船着場から乗船しました。場所は兵庫県立美術館の南側にあたります。

 

 

 

船内ではキングジョーの登場シーンのほか、「ウルトラ警備隊西へ」の各シーンが紹介されました。上のパネルは赤いドレスを着たアンヌ隊員(ひし美ゆり子さん)が「異常ありません」と報告しているシーンです。撮影場所は現在、私立学校の校外施設になっています。このシーンを含めロケ地の大半が灘区内で行われていました。

ひし美ゆり子さん(2012年)

この写真は「神戸ロケ地巡礼ツアー」(2012年3月8日)のものです。アンヌ隊員が「異常ありません」のシーンを再現。参加者が感激していました。
実は、今回の追悼クルーズでも、アンヌ隊員からツイッターを通じて、
「神戸の皆さまに宜しくね」
「今日は…(中略)…神戸ではキングジョーの追悼会が行われている模様です」
「去年お世話になった皆さまに宜しく」
などのメッセージを送ってくれました。
アンヌさま有難うございます m(__)m

 

 

 

さて、このパネルはウルトラセブンとキングジョーの格闘シーンです。写真ではわかりにくいのですが、左の建物のセットには赤い文字で「三井倉庫」と書かれています。

 

手前の白い建物が「三井倉庫」です。

 

 

 

左の赤いタワーが「神戸ポートタワー」です。ダンが、女性科学者になりすましたぺダン星人を見つけるシーンでは、双眼鏡をのぞいていたり、階段を駆け降りる場面でポートタワーが使われています。
※ポートタワーは2013年11月21日に50周年を迎え記念イベントなどが開かれました。

 

★ふだん見慣れた街並みも、海から見ると違った顔をのぞかせます。今回のクルーズには、近代建築に詳しい「港まち神戸を愛する会」やコベルコの関係者が参加。ロケ地関連以外の建物については、こうした関係者にマイクが手渡され、説明する場面が何度かありました。そういうわけで【おまけ】写真も掲載します。

 

…………………………………

 

 

【おまけ1】後ろに見える赤い橋は「神戸大橋」(1970年竣工)です。『Fate』シリーズなどの背景にも登場しますが、「ウルトラ警備隊西へ」の放送当時(1968年)に橋はありませんでした。

 

 

 

【おまけ2】神戸メリケンパークオリエンタルホテルを海側から見た写真です。ホテル最上階(14階)のバルコニーには国内唯一の“ホテルに建つ公式灯台”があります。

 

 

 

【おまけ3】黄色い船は神戸の市街地と港を回る水陸両用船「SPLASH I」です。発着場所はメリケンパークですが、海に入る場所が神戸新聞社の裏側にあるので、よく見かけるんですよ。

 

 

 

【おまけ4】川崎重工業神戸工場の第4号ドックが見えます。第1号ドックは1902年に作られた国登録有形文化財ですが、老朽化のため埋め戻されることになり、ツアーの2カ月ほど前にお別れ式典が開かれました。      ※関連記事:老朽化で撤去 川重神戸第1ドック22日お別れ式

 

 

 

【おまけ5】クルーズで建造中の潜水艦を間近に見られるのは神戸ぐらいでしょうか。日本の潜水艦はほとんど神戸で作られているそうです。アニメに出てくる宇宙戦艦のような船体がかすかに見えます。     ※関連記事:神戸新聞NEXT「こくりゅうと命名 川重神戸工場」

 

 

【おまけ6】「神戸ビエンナーレ2013・海上アート展」(10月1日-12月1日)に出品され審査員特別賞を受賞した作品『輝く人』(高さ9メートル)です。 ※関連記事:神戸ビエンナーレ2013 入賞作家の作品展示 作者は宮城県・石巻市の方で、石巻の方を向いています。この像は後日、石巻に移設されました。      ※関連記事:「輝く人」復興の光放つ

 

おまけ話が長くなりましたが、次回は追悼の模様を紹介します。
※掲載が遅れ申し訳ございませんでした。

 

■関連記事:キングジョー追悼クルーズ(後編)黙祷、弔辞、献花、そして焼香        http://www.imamoe.jp/?p=6045

関連記事: