お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2014年3月18日

アトム、レオ タイル設置工事がスタート 宝塚

Share on Facebook

 宝塚市立手塚治虫記念館(武庫川町)への道しるべとして、手塚漫画のキャラクターのタイルを設置する工事が17日、宝塚大橋の下流側歩道で始まった。

歩道に設置される手塚漫画のキャラクターのタイル

 宝塚市は同館の開館20周年を記念し、近隣駅からの二つのルートに、コミックスの表紙などに使われたカラー原画を焼き付けたセラミックタイル5種類をそれぞれ設置することにした。

 この日の作業では、阪急宝塚南口駅からのルートにある宝塚大橋に、「鉄腕アトム」のアトムとプルートゥ、「ジャングル大帝」のパンジャとレオをデザインした45センチ角タイルが据え付けられた。

 手塚記念館を初めて家族で訪れた介護士(27)=名古屋市=はタイルに目を留め、「町のいろんな所にキャラクターがいると楽しい。完成後にまた見に来たい」と話した。

 ほかのキャラクターは「リボンの騎士」のサファイアとチンク、「火の鳥」、「ブラック・ジャック」。宝塚駅からのルートは「花のみち」に設置する。作業は約1週間で完了する見込み。

関連記事: