お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2014年3月19日

ハルヒファンは鳴尾図書館に集合よ!~21日に講演会「涼宮ハルヒと阪神間の文学」開催~

Share on Facebook

ライトノベル小説「涼宮ハルヒ」シリーズの舞台となっている兵庫・西宮市にある鳴尾図書館で、3月21日(金祝)、作家・土居豊さんの講演会「涼宮ハルヒと阪神間の文学」が開催されます。

 

 

   

 

新生活が始まる春。 若い世代が読書をするきっかけづくりになれば、と考えて、企画されたのがこの講演会です。

「涼宮ハルヒ」シリーズの舞台は西宮市。 聖地めぐりも楽しいけれど、ハルヒが生きるこの地にまつわる文学について知る機会をつくってみませんか。

講師の土居豊さんといえば、「沿線文学の聖地巡礼 川端康成から涼宮ハルヒまで」や「ハルキとハルヒ 村上春樹と涼宮ハルヒを解読する」などの著書があり、西宮市とハルヒへの造詣が深い作家です。

特に「ハルキとハルヒ…」では、村上作品とハルヒシリーズの意外な関連性を読み解き、両者の魅力をさらに強めた一冊として評価されています。

ハルヒについて、新たな一面を知る機会になるかも!?

興味深い話がいろいろ聞けそうですね。

 

また、同時開催イベントもすごいんです!

一昨年の「西宮まちたび博」で大好評だった「SOS団in西宮に集合よ!」で展示されたパネルなどが、期間限定で鳴尾図書館に登場!

さらに、2階開架室では、あの「長門有希の百冊」も再現されます。

作品中で、「また図書館に」と長門がキョンに送ったメッセージが現実になるのも、聖地・西宮市ならでは。 こちらは4月20日までですが、夢のような空間になりそうです。 ハルヒファンが集って「読書の春」になるかもしれませんね。

 

会場の鳴尾図書館は、ハルヒの聖地、阪神甲子園球場のご近所です。 図書館の前に立つと、スコアボードが見えるほど。

聖地めぐりの合間に、ぜひ鳴尾図書館にお立ち寄りください。

 

 

講演会「涼宮ハルヒと阪神間の文学」

講師:土居 豊さん(作家)

日時:2014年3月21日(金祝)14:00~15:30

会場:西宮市立鳴尾図書館 1階視聴覚室(西宮市甲子園八番町1-20)

定員:50人(先着順)

申込方法:開館時間内(10:00~18:00)に直接行って申し込むか、電話=0798-45-5003=で。

 

関連イベント

内容:涼宮ハルヒ関連パネルやイラスト垂れ幕の展示。「長門有希の本棚」の展示。

会期:2014年3月18日~4月20日(休館日を除く)

 

 

関連記事: