お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2014年3月31日

イケメン武将がお出迎え 三木に大看板

Share on Facebook

三木合戦をテーマに、ナメラ商店街入り口にある大看板の改装を記念したイベント「戦国ノーサイド」が3月30日(日)、三木市観光協会の駐車場で開かれました。

テープカットをする三木市長他

当日のメーンイベントは、新・大看板「MIKI Welcome Board」の除幕式。 あいにくの悪天候でしたが、イベントが始まると雨脚も弱まり、駆けつけた市民らに見守られながらテープカットが行われました。「刃物の町・三木市」にちなみ、三木市長が地元産ののこぎりでテープカット!ユニークなパフォーマンスを見せてくれました。

大看板は縦5メートル、横8メートルで、夜間もライトアップされるなどとても目立つ工夫がされています。改装前は商店街の地図が掲載されていましたが、黒田官兵衛ブームにあやかり、三木合戦をテーマとしたイラストを起用。『いまいち萌えない娘』などを手掛けている朝霧ひろがデザインを担当しました。秀吉や長治の他に、妻の照子や黒田官兵衛、竹中半兵衛もいます。

ナメラ商店街をパレード

除幕式の後は、鎧に身を包んだ関係者たちが馬を先頭に商店街をパレード。商店街に、法螺貝の音が響き渡りながらの行進でした。

三木市観光協会の駐車場には特設ステージが設けられ、三木市ご当地アイドル『micute(みきゅーと)』や姫路市ご当地アイドル『KRD(くろだ)8』が歌と踊りを披露。市民参加型の大声コンテストなども行われました。悪天候のためイベントは縮小されてしまいましたが、地元のお年寄りから若い方までイベントを楽しんでいました。

ポスターをデザインしたクリアファイルもいただきました。

新しい風が三木市に吹いてきています。これからもこのキャラクターたちを起用した新たな取り組みがあるのでしょうか?三木市の今後の活動に目が離せません。

関連記事: