お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2014年7月16日

平安神宮参道に実物大イングラムがそびえ立つ! 京まふ2014

Share on Facebook

 マンガ・アニメの見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(略称「京まふ」・9月20、21日開催)の出展作品と出展者の一部が発表されました。

「京まふ2013」の様子

 今回は、メイン会場「みやこめっせ」、第2会場「京都国際マンガミュージアム」の他に「京都岡崎ハレ舞台」が加わりさらにパワーアップ。このエリアではプロジェクション・マッピングやライトアップなどの周辺地域イベントと京まふが同時開催されます。

イングラムのデッキアップイベントも

 京都岡崎ハレ舞台の平安道には、全長8メートルのパトレイバー「98式イングラム」が登場。新作実写版「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の撮影に使用された実物大サイズ。イングラムが立ち上がる“デッキアップ”イベントも予定されています。今春、東京・吉祥寺で開催されたデッキアップイベントは観客が集まりすぎて中止になったほど。近くには平安神宮の大鳥居、京都駅前には五重塔や京都タワーがそびえ立つ京都の地で、どんな立ち姿を見せてくれるのでしょうか。その瞬間に立ち会いたいものです。

 メイン会場ではステージイベントや販売ブースの他、「カードキャプターさくら」「xxxHOLiC」でおなじみ「CLAMP原画展in京まふ2014」も開催されます。CLAMPの原画展示や原画展オリジナルグッズの発売も。CLAMPファンには見逃せないですね(原画展入場料500円。京都国際マンガ・アニメフェアの入場料とは別途必要)。

 第2会場では、人気ゲーム「艦隊これくしょん‐艦これ‐」の展示会も。メイン会場と第2会場を結ぶシャトルバスも運行されるので移動も安心です。

 作品とのコラボメニューが楽しめるキャラ食ゾーン、声優が登場するトークショーなど、これから詳細が発表される情報も。公式サイトで随時発表されるそうですのでお見逃しなく。

京まふ公式キャラクター「都萌(ともえ)ちゃん」

京都国際マンガ・アニメフェア 公式サイト

          ◇

アニメーション神戸&KOBEぽっぷカルチャーフェスティバルも出展

 メイン会場には、神戸から「アニメーション神戸・KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」ブースが出展。神戸で開催されるアニメとサブカルの祭典「アニメーション神戸」と「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」のPRが行われます。

京まふの次は、神戸・新長田に集まれ!

 京まふのちょうど翌週、9月27、28日に開催される「ぽぷかる」の今回のテーマはずばり「ヒーロー」! アイドル一色だった前回とは打って変わって、関西を中心に活躍するローカルヒーローが大集結します。海洋堂の企画展示では、海洋堂宮脇社長と同社のコレクションが披露され、神戸で海洋堂フィギュアを堪能できる珍しい機会となりそうです。昨年に引き続き「いま萌えストリート」も登場。話題のカレーを食べ比べる「神戸カレーサミット」も。ヒーローにフィギュアにグルメに、心ゆくまで満喫できる2日間になりそうです。

 今年で19回目を迎えるアニメーション神戸は、世界的に評価の高い作品やクリエーター、アニメーション業界に貢献した方などを表彰する賞。これまで、宮崎駿さん、大河原邦男さん、庵野秀明さんら、そうそうたるメンバーが受賞しています。今年は誰の、どの作品が受賞するのでしょうか。こちらも目が離せません。

 最新情報がわかり次第、いまもえ.jpでもお伝えしていきます。お楽しみに。

KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル3rd
アニメーション神戸

関連記事: