お知らせ/一覧

トップページ  > サブカルニュース/一覧

2015年1月31日

未完の手塚アニメ「森の伝説」 第2楽章 2月1日から特別上映 宝塚市

Share on Facebook

長男の真さん 遺志継ぎ制作

 手塚治虫さんの未完のアニメーション「森の伝説」の第2楽章が、長男でヴィジュアリストの手塚真さんの手で完成し、2月1日から宝塚市立手塚治虫記念館(同市武庫川町)で特別上映される。

 「森の伝説」は、チャイコフスキー「交響曲第4番」からイメージされたファンタジー作品。森にすむ動物や妖精たちが人間の手から自然を守ろうとする生命賛歌で、アニメーションの歴史をたどる多彩な手法が駆使されている。

 全4楽章のうち第1と第4楽章が1988年に発表され、翌年に手塚さんは逝去。創作メモだけが残された。真さんが2008年に残る楽章の制作を発表し、昨年8月の広島国際アニメーションフェスティバルで第2楽章(12分)がお披露目された。

 羽化から短い時間で寿命を終えるカゲロウのカップルが主人公。手塚さんが敬愛したディズニー最盛期の作風を意識し、川の流れや緑などの自然が立体的に描写され、森の生命感を表現している。

 真さんは「手塚治虫らしさが感じられる作品になったと思う。楽しんで見てほしい」と話す。

 2月1日~20日まで。各日10回上映。1日と15日午前11時5分と午後2時5分の回は第1、第4楽章を同時上映。各回先着50人。要入館料。水曜休館(11日開館)。

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

宝塚市立手塚治虫記念館
 TEL 0797・81・2970

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

関連記事: